関節痛に悩まされているなら|サプリメントで痛みを解消

婦人

健康にいい青い果物

ブルーベリーの粒

目にいい働きをする成分

ブルーベリーは、ベリー類でもいちごやラズベリーなどに並んで人気の果物の一つで、生で食べたり、ジャムやいろいろなお菓子に加工されて食卓に上がっています。ブルーベリーは元々は南アメリカ大陸で作られていたものですが、北アメリカ大陸に移って栽培され、今では世界中で多く栽培されて食べられるようになっています。近年はブルーベリーは食品として食べる以外にも、サプリにもなって多くのメーカーが販売しています。ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分が、目にいい働きをすると言われています。アントシアニンは目のピント調節を正常に働くようにする効果があり、サプリを飲むと主に中高年の疲れ目や、目を酷使する仕事の人にいいとされています。

眼の網膜や筋肉への効果

アントシアニンの目にいい働きとは、眼の網膜にあるロドプシンという成分が再び合成されるのを助けるという効果のためです。ロドプシンとはタンパク質の一種で、目に入った光を電気信号に変え、脳に伝える働きをしています。目を酷使するとこのロドプシンが壊れて、疲れ目を発症します。ブルーベリーサプリを飲んでアントシアニンを摂取すると、ロドプシンの合成を促して眼精疲労を抑制、目をいたわる役割を発揮します。他にもアントシアニンには、抗酸化作用があり、筋肉の疲労を抑える働きがあるとも言われています。眼の筋肉の疲れも癒す効果があるとも言われています。ブルーベリーの由来のアントシアニンサプリを飲むことで、これらのいい効果も見込めます。